読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書を読んで 書を信じるな

読んだ書籍(漫画含)の感想などをいい加減に書き連ねるブログです

Jカスの巧妙な印象操作

headlines.yahoo.co.jp

「最年少アイドル」という肩書で、幼稚園に通いながらアイドルとして活動する女の子「あいちゃん6さい」。そんな彼女の活動を取り上げたバラエティー番組「フルタチさん」(フジテレビ系)の放送内容が、インターネット上で物議を醸している。

 そのきっかけは、番組を見た「あいちゃん」の反応を、所属事務所の大隈秀徳代表がツイッターで明かしたことだった。大隈代表によれば、あいちゃんは番組の内容に強いショックを受けて号泣し、放送後に幼稚園を2日間「お休み」したのだという。

■「放送をドキドキワクワクで観ていたあいちゃんが...」

 2017年1月15日放送の「フルタチさん」では、「6歳のアイドルが大人に大人気の理由とは?」と題した特集を放送した。そこで紹介されたのが、4歳でアイドル活動をスタートさせたあいちゃんだった。

 番組では、あいちゃんのコンサート当日の様子を密着。ステージの上で童謡やアニメソングを歌ったり、ファンとの写真撮影やサイン会を行ったりする様子を伝えた。また、番組スタッフがファンに「なぜ6歳のアイドルを応援するのか」を質問する場面もあり、そこでは、

  「恋愛スキャンダルがないため、絶対に裏切られることがない」
   「親目線で応援できる」

といった意見も紹介されていた。

 こうした番組に対し、翌16日のツイッターで「放送された内容に誤りがあったようです」と訴えたのが、あいちゃんが所属する芸能事務所レインボーミュージックプロダクションの大隈代表だ。ツイートでは、

  「放送をドキドキワクワクで観ていたあいちゃんが後半でショックを受けて号泣してしまいました」

と報告。その上で、番組を見ていたあいちゃんは、涙を流しながら「なんで?...嘘を言うの?」と漏らしたとも説明していた。

 さらに、大隈代表の投稿によれば、あいちゃんは放送翌日の朝も涙が止まらず、心配した母親が幼稚園を「お休み」させたという。

いったい、何が6歳の女の子をここまで傷つけたのか。その原因は、番組後半で女性アナウンサーが伝えた「ある情報」だ。このアナウンサーは特集の終わりに、

  「ちなみに、あいちゃんに『幼稚園で好きな男の子いるの?』と聞いた所、××君が好きと答えていました」(伏字は編集部、放送では下の名前が公開された)

と読み上げた。その後、番組MCの古舘伊知郎さん(62)は「普通の女の子だということで安心したんですけど、その『××君』があの客の中の1人だったら...」と話し、スタジオの笑いを誘っていた。

 番組を見ていたあいちゃんは、このシーンの直後に「号泣」し、テレビの前で泣き崩れ、「好きな人いないって...言ったのに...」と漏らしたという。

 なお、大隈代表は投稿の中で、「(あいちゃんは)恥ずかしくて幼稚園に行けないとかではなく、お客さんが可哀想だと泣いたのです」とも説明。その上で、

  「まだ嘘をつけない純粋なあいちゃんが、本当は『いない』って答えたんだよ、とみなさんに伝えたがっているので代弁させていただきました」

としている。また、こうした誤った情報が番組で取り上げられた原因については、あいちゃんの母親がスタッフとの雑談の中で「良く遊ぶ男の子の名前」を出したことが、

  「番組制作の過程の伝達ミスか何かで間違って放送されたのだと思います」

と推測していた。

 こうした大隈代表の訴えはインターネット上で注目を集め、ツイッターネット掲示板には、

  「このぐらいの年齢のトラウマって気を付けないと一生引きずるからなぁ」
   「この歳の子にはデリケートな問題だと気づかんかね」
   「子供泣かすようなことすんな」

など、あいちゃんを心配したり、番組制作サイドを批判したりする書き込みが相次いでいる。

フジテレビ「事実関係を確認中」
 その後、あいちゃんの様子はどうなのか。J-CASTニュースの18日の電話取材に応じた大隈代表は、

  「16日に続き、17日も幼稚園はお休みしたと母親からは聞いています。ただ、17日の夜にはもともと予定されていたライブイベントに出演し、ファンの前で元気な姿を見せました。幼稚園にも、18日から行っているそうです」

と話す。

 また、あいちゃんの反応や本人の思いをツイッターで公開した理由については、

  「放送後のレッスンで元気が無く、番組について『なんであれ嘘を言ったの』などと気にしていた様子だったので、運営として対応すべき問題だと考えました。基本的には、応援して頂いているファンへ向けたメッセージになります」

と説明。今後については、「家族と一緒に、本人へのフォローを続けていければと思います」としていた。

 なお、大隈代表には18日昼頃に番組のプロデューサーから連絡があり、現在は「今後の対応について話し合っている最中」だという。

 J-CASTニュースはフジテレビ広報部に対し、(1)放送の内容が間違っていたという事務所側の主張は事実か(2)あいちゃん本人・家族への謝罪や、放送内容の訂正は考えているか――などを質問したが、18日18時時点では、

  「事実関係を確認中ですので、現段階では回答を差し控えさせて頂きます」

との回答だった。

「あいちゃん6さい」というアイドルをフジテレビの「フルタチさん」で紹介した際、些細な行き違いからあいちゃんが言ってもいないことを番組内で披露され、その事であいちゃんが酷く傷ついたという顛末。事実であればフジテレビ及び「フルタチさん」制作スタッフへの非難は当然であろう。


しかしながら、「あいちゃん6さい」が所属するプロダクション代表の大隈秀徳氏の公開文を読むと、Jキャスト(以下Jカス)の記事とは些か異なる印象を受ける。



前半~中盤部分は概ねJカスが報じている通りであるが、何故か後段のフジテレビ及び「フルタチさん」制作スタッフへの謝意を述べた部分

これは番組批判ではありません。
フジテレビ様、フルタチさん番組スタッフの方々には大変良くして頂き感謝しています。
放送も長々と尺をとって頂き本当に感謝しています。


この辺りがごっそりと省略されているのである。


ひねくれた見方をするに、恐らくネットユーザーを煽ってアクセス数を稼ぎたいJカスとしては、大隈代表が感謝の意を表した部分をも紹介しては都合が悪かったのではないかと思う。Jカスの記事だけを読むのと大隈代表が公表した文章も併せて読むのでは印象が大分違うと感じた人も多いだろう。

この手の記事というものは対象がより悪質で読者に嫌悪感や不快感を抱かせる内容のもののほうが注目されやすい。それがマスコミであれば尚更である。ところが、被害者サイドの大隈氏が「これは番組批判ではありません」と明言した事がバレてはネットユーザーのヘイトは半減するし、注目も薄れる。その時点でこの問題は円満に終わってしまうからだ。
ネットユーザーの中には元記事を読まない人などは珍しくもないからこうした意図的な省略は有効だし、引用元を明記しているからその事を咎められても言い逃れができる。巧妙と言うより狡猾と言っていい。


アクセスビューを稼ぐために大隈氏の本意とは異なる印象操作記事を仕立て上げたとするなら、Jカスは本当にクソだなと思わずにはいられない。